こなシス

こんばんは。ぺにぺにです。棋譜が溜まっているのでぼちぼち記事上げていこうと思います。

3手目▲7五歩に対してこなシスを採用した将棋です。


先手:相手さん
後手:平井

▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △8四歩 ▲7八飛 △8八角成
▲同 銀 △4五角 ▲7六角 △4二金 ▲3八銀 △6四歩
▲5八金左 △3三金 ▲4八玉 △2二飛 ▲4六歩 △7二角

図1
本譜は角を後から追われたのでスムーズに角を引けました。

図1以下
▲4七金 △4二銀 ▲3六歩 △4四金 ▲5六歩 △2四歩
▲7七銀 △2五歩 ▲6六銀 △2六歩 ▲同 歩 △3五歩
▲5五銀 △同 金 ▲同 歩 △6五銀 ▲同 角 △同 歩

図2
▲4七金は早いように思いましたが、矢倉に組み替える狙いだと思います。なので、▲3七銀の瞬間に△3五歩を突けるように準備していきます。
△2六歩と先に突き捨てたのは歩が入った時に△2八歩と打てるようにするため。後の進行でもそうですが、先手玉が入っていないので、単純に2筋を破る展開でうまくいくように感じませんでした。
△6五銀は俗手ですが、角を持った方が手を作りやすいと判断。代えて△3六歩と取って△2八歩を狙う方が本筋っぽいですが、▲5四歩が気になりました。△同角は▲同角△同歩で先手の飛車角が捌けそうですし、△同歩は角が使えません。こなシスに5筋を狙う展開は有力と思います。

図2以下
▲5四歩 △同 歩 ▲6四銀 △9四角 ▲5八金 △6六歩
▲同 歩 △6九角 ▲6八飛 △5八角引成▲同 飛 △同角成

図3
玉頭戦になると辛いのでこちらも早く動かなくてはいけません。ということで△9四角からスピードアップ。先手玉を露出させます。しかし、後手は駒が少ないのでうまく行かなそうですが……。

図3以下
▲同 玉 △8八飛 ▲5七玉 △3八飛成 ▲6三角 △5二銀

図4
△8八飛に対して▲6八Xの合駒は△6七歩で攻めを続けるつもりでしたが、如何せん攻めが薄いです。ただ、先手も駒を使って受けては後手玉に迫りにくくなるという判断でしょうか、▲5七玉と踏ん張ってきました。▲6三角△5二銀には▲5三歩が見えていますが、一直線です。あとは後手が先手玉を詰ますのか、追う手順の中で詰めろを外すのか。

図4以下
▲5三歩 △6三銀 ▲同銀成 △7九角 ▲6七玉 △6八角成
▲7六玉 △5八馬 ▲6五玉 △4七馬 ▲6四玉 △7四金
まで66手で後手の勝ち

終局図
▲6三同銀成の局面までは一直線です。手順中どこかで5三銀と詰めろを外す手もあるのですが、この場合6三の成銀が壁になっていると判断し、踏み込みました。
△6八角成~△5八馬が工夫した手順で、代えて△6三竜から追うと詰まないです(多分)。△5八馬のときの合駒が難しい。先手が後手玉への詰めろを維持するには金か銀を残す必要があるのですが、▲6七Xには馬を切って一間龍。先手玉の詰みかこちらの詰めろが外れる状態になります。
本譜は即詰みの順になり勝ちました。

form.csa

(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)
スポンサーサイト

思ったこと雑記

こんばんは。今日(昨日)は大会でした。結果は3勝1敗(○×○○)でした。最近3勝1敗の報告しかしていない気がします。

相振りで負けたのはかなり心にきました。最近相振りで勝った記憶がない。序盤の方向性がおかしいだけでなく、どうも攻め急いでしまう向きがあります。対抗形だとそんなことないんですけどね。

実は言いたいことがいくつかあって、それを打ち込んでは消すというのを繰り返していますが、まとめていうと真剣に将棋を指すことが大事ということ。

最後に詰みを逃して萎え

こんばんは。自炊をしようと思いつつもなかなかできないぺにぺにです。
それでも目の前にある半額弁当は美味しいです。自炊をしたいなら外食と半額弁当に飼いならされてはいけませんね。

先日の将棋を検討します。今回実はポナンザで検討したところもある(某将棋処で検討させてもらいました)のでそれも赤字で書いていきたいと思います。


先手:相手さん
後手:ぺにぺに

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3二飛 ▲7八銀 △3五歩
▲6七銀 △6二玉 ▲7七角 △7二銀 ▲8八飛 △7一玉
▲8六歩 △3六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8五歩 △3四飛
▲2八銀 △4二銀 ▲5八金左 △3三銀 ▲3七歩 △2四歩

図1
3手目▲6六歩には△3二飛と指しています。本譜の順で先手は矢倉を組みにくいはず。

図1以下
▲4八玉 △2五歩 ▲3八玉 △5二金左 ▲4八金上 △2四銀
▲5六歩 △1四歩 ▲9六歩 △1五歩 ▲9五歩 △3五銀
▲6八角 △1三角 ▲7七桂 △3三桂 ▲7五歩 △4四歩

図2
△2四銀とスムーズに出られて一安心。▲4八金上に代えて▲6五歩だと△4四銀と出ることになります。▲5六歩は▲6八角を作った手。端歩のやり取りは僅かながら後手に利があると思います。
△1三角に代えて△2六歩と歩交換を狙うのは▲同歩△同銀▲2四歩が後手受けにくい、というのが感想戦での結論でしたが、▲2四歩には△1三角があるようです。以下、▲2三歩成には△6八角成から△2七歩と打って後手良し(ポナンザ先生曰く)。△2六歩突けるんですねぇ。
後手は歩を持ってウサギの耳を攻める構想です。先手は牽制しながら位を取って後手陣に圧力をかけてきます。

図2以下
▲8四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8三歩 ▲8六飛 △4五歩
▲6五歩 △2六歩 ▲同 歩 △4六歩 ▲同 歩 △4五歩

図3
先手に飛車先を交換されましたが、それは仕方ありません。△2六歩は突き捨てを入れておくことで、△4五歩の合わせの瞬間に▲3六歩と突きにくくする(△2六銀から△3七歩等暴れる順をちらつかせる)意味ですが、反面先手玉が広くなるデメリットもあります。

図3以下
▲同 歩 △同 桂 ▲5五歩 △4六歩 ▲5六銀 △3七桂成
▲同 銀 △2六銀 ▲3六歩 △3七銀成 ▲同 金 △4七銀
▲同 銀 △同歩成 ▲同 玉 △6八角成 ▲同 金 △2八歩

図4
本譜は桂が前に進む展開に。▲5六銀と出られてはもう△3七桂成とするしかありません。えぇ、後手失敗しています。戻って△4六歩では△3六歩が有力かと思います。▲同歩△同銀▲3五歩は△3七歩を利かして攻めあってどうか(図ア)。
進んで先手は薄くなりますが△2八歩と打って駒を回収しなくてはならないのがつらいところ。△5九角のような筋で戦いたいのですが、如何せん駒が足りません。ここから先手の反撃が始まります。


図ア

図4以下
▲5六角 △4四飛 ▲4五歩 △2四飛 ▲8四歩 △同 歩
▲8三歩 △2九歩成 ▲2五歩 △同 飛 ▲8四飛 △5九角

図5
▲5六角が攻防に利く位置で、8三の地点と3八の地点に利いています。△5九角は悪手。代えて△8三銀▲同飛成△8二歩と打つ順が有力(ポナンザ先生曰く)。この受け方、恥ずかしながら知りませんでした。考えたことすらなかった。でもよくよく考えるとこの受けの方が取られる駒が少ないし先手の攻め駒も減ってるんですよね。

図5以下
▲8二歩成 △6二玉 ▲7二と △同 金 ▲8一飛成 △3七角成
▲同 玉 △2八飛成 ▲4七玉 △7一金打 ▲5四桂 △同 歩
▲3五角 △4四歩 ▲同 歩 △4六歩 ▲同 玉 △5三桂

図6
本譜はボロボロ取られる展開に。▲8一飛成は詰めろ。△7一金打に▲5四桂と壁の反対側から攻められました。△4六歩がぎりぎりの利かしで、良い手だったようです。△5三桂に代えて△2六銀と打つのが詰めろ逃れになっています。これもポナンザ先生の指摘ですが、全然見えていませんでした。形勢は先手良し。

図6以下
▲3四角 △8一金 ▲5二角成 △同 玉 ▲4三歩成 △6一玉

図7
▲3四角は寄せ切ろうという手。僕はここで単に飛車を取りましたが、△4五銀▲同角△8一金が安全なようです(ポナンザ先生曰く)。さて、局面はクライマックス。△6一玉の局面では先手良しですが…・。

図7以下
▲5三角成 △4八龍 ▲4七歩 △4五歩 ▲3五玉 △2六角
▲同 玉 △2八龍 ▲3五玉
まで117手で先手の勝ち

終局図
先手は単に▲5三角成と指しましたが、これが大悪手。△3七角から手順は長いですが先手玉は詰みとなります。
ところが、後手が△4八竜という敗着を指してしまい、終了となりました。
感想戦では▲5三角成に代えて▲5二銀と打って玉を追うべきだったという結論に至りました。玉が6一にいると玉が支えになって詰む変化があるんです。それならば依然として先手良し。これについてはポナンザ先生も同意見のようです。

form.csa

(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

さて、なぜ△3七角が打てなかったのかを考察すると、時間がなかったことが一つだと考えられます。また、上に抜けられる順、左に抜けられる順が見えてしまったことも理由です。見えてはいたのに指せないという負け方が最近非常に多い気がしますが、どう改善していいのか全く分かりません。正直悩んでいます。

体力のなさ

こんばんは。最近食生活が乱れているのでなんとかしなくちゃなぁと思っています。まずは自炊からですね。

先週の日曜日と今日は大会でした。どちらも成績的にはあともう一歩というところで負けてしまいました(両方とも○○○×)。先週は正直ふがいない将棋でしたが、今日は良い将棋を指せた気がします。気のせいかもしれませんが、前より強くなったような気がします。
ただ、当たる相手が強かったり形勢を悪くしてしまったときは、勝てたとしてもその次が辛いんですよね。ある意味体力のなさを感じます。将棋の体力ってどうやったらつくのでしょうね。

棋譜の検討はまた少しずつやろうと思います。

勝手なことを言います

こんばんはぺにぺにです。久しぶりのこのカテゴリで記事を書く気がします。


先手:村田先生
後手:桐谷先生

▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △5四歩 ▲7八飛 △8八角成
▲同 銀 △4五角 ▲8五角 △8四歩 ▲6三角成 △5二金右
▲6四馬 △6二飛 ▲4六馬 △6七角成 ▲6八歩 △6六馬

図1
いつも僕がやっているやつですね。過去記事でも何回か取り上げています。大概の本には「この出だしは避けましょう」と書いてあるのですが、そこまで先手辛いものか?という疑問をもって僕は指しています。まぁ少し悪いというのは自認していますが(笑)。
普通避ける展開を敢えて選んだ村田先生が何を用意していたのか、期待しながら再生ボタンを連打しました。

図1以下
▲4五馬 △7二銀 ▲4八玉 △6三銀 ▲3四馬 △6四銀
▲2三馬 △4四馬 ▲3八玉 △6三金 ▲2八玉 △3二銀
▲5六馬 △8二飛 ▲3八銀 △3三銀 ▲6七歩 △3四銀

図2
村田先生の指した手は▲4五馬でした。ここで僕は普段▲4八玉を指しています。本譜も同じ展開になったように見えますが、▲4五馬を先に指すことで△4四馬という手を消しています。僕もそう指せるならそう指したいと思いつつ、△5七馬が見えていたので▲4八玉と上がっていました。しかし、よくよく見ると△5七馬には▲4八金から▲5四馬と入る手があり、難解です。桂馬を助けるような手は▲5五馬と引いて香取りが受かりません。ただ、先手も玉頭をいじられているため、指しやすいわけではなさそうです。
金銀を繰り出してくるのは後手の常套手段。先手は大きく動きましたが、馬の移動で手数を使っており、形が進んでいない(しかも6筋の歩は後退している)ので後手は抑え込みを狙います。
▲2三馬と取る必要があったのかよく分かりません。手が遅れているので、馬と自陣の整備を優先する方が良いと思うのですがどうなんでしょう。

図2以下
▲6六歩 △2二飛 ▲6五歩 △5五銀 ▲6七馬 △6六銀
▲5八馬 △5二金 ▲4八金 △3五銀 ▲7六飛 △7四歩

図3以下
△2二飛と展開するのが優れた構想だったんだと思います。左で何もできないし右で手が作れるわけでもないのでここでは相当先手指しにくいのではないでしょうか。居玉も良い位置。▲7六飛はやや勝負手気味。次に▲7七銀と上がる感じでしょうか?

図3以下
▲同 歩 △7五歩 ▲7八飛 △7四金 ▲4九馬 △7三桂
▲5八金上 △6五桂 ▲6七歩 △5五銀 ▲7六歩 △同 歩
▲5六歩 △6四銀 ▲7六飛 △7五金 ▲7八飛 △7六歩

図4
抑え込みのお手本みたいな展開になりました。▲4九馬は△4五馬のアタリを未然に避けた手でしょうか?▲5六歩と十字飛車を狙いますが、全て冷静に受けられてしまいます。

図4以下
▲4六歩 △同 銀 ▲4七金左 △同銀成 ▲同 金 △5七金
▲4六金 △2六歩 ▲3五銀 △5三馬 ▲4五金 △3四歩

終局図
最後△3四歩に取る手は金銀のどちらかが取られてしまいます。ここで先手投了。

form.csa

(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

普段指している形なので、取り上げてみました。
僕が指しても金銀を盛り上げてくる人が多いですが、やはり棋理でいくと抑え込みが最有力なのでしょう。
先手が対抗するには8八の銀を7七~と使っていくくらいでしょうか。結局飛車が縦に動くと銀が浮くというのがすごいデメリットなんですよね。とはいえ最序盤の▲4五馬は勉強になりましたし、今度使ってみようと思います。自分の中では切り捨てた変化だったのですが、他人が指しているのを見ると不思議とやりたくなってきます。

プロフィール

sodesodehot

Author:sodesodehot
自分で指した将棋を中心に検討していきます。

ぺにぺに将棋

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR